京都・烏丸の工房を持つオリジナル&セレクトジュエリーショップKAWABE JEWELRY(カワベジュエリー)のブログです
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
羽織紐をペンダントに
羽織紐をネックレスに

お客様が持ってこられた、イエローゴールドのチェーンの羽織紐。
それぞれ、センターにオパールとアメシストがあしらってあります。

とても大切な方から譲り受けたのだけど、なかなか羽織を着る機会も少ないし、ペンダントにリフォームできないかしらとのこと。

羽織紐から石を外して、まったく違うデザインでいちから作ることもできたのですが、できるだけもとの形を残したいとのご要望で、羽織紐の両端にチェーンをロー付けするだけのシンプルな加工にさせていただきました。

写真をよく見ていただくと分かるのですが、羽織の乳(ち)に引っ掛けるためのS字カンも、あえてそのまま。
ネックレスの中ほどで、ちょっとしたポイントになっています。

なによりも大切な方が使っておられたそのままのデザインを残せたこと、もし将来、ご自身が再び羽織紐としてつかいたいと考えたときには、チェーン部分をカットするだけでまた元の姿に戻すことができるということを、とても喜んでいただきました。


 
ネックレスから外した珠で
白蝶真珠リング

先日お納めしたリングをご紹介。

大きな白蝶真珠のバロック珠は、以前にお買い上げいただいたネックレスから、長さの調整のために外した一粒。
真珠の中心にネックレスの糸を通すための穴が貫通しています。

そこで、その穴に横から芯を通してセッティングしました。

珠の大きさのインパクトとシンプルなラインの調和したリング。
両サイドに配したメレダイヤのクリアな光がスパイスです。

ネックレスとコーディネートして、楽しんでいただけそうです。

ヒスイのお花リング

ヒスイリング リフォーム

本日お納めのリフォーム。

お母様が使っておられたという思い出のリングは、イエローゴールドの細いウデに4本のツメでヒスイを留めた、とてもシンプルなものでした。

メレダイヤで取り巻いて華やかに・・・とのリクエスト。

よくある取り巻きではなく、ヒスイをふっくらとした4枚の花びらで囲み、花びらの一枚一枚に隙間なく、メレダイヤを留めました。

ウデから花びらへとつながるラインが、どの角度から見ても美しく、印象的です。

落ち着きの中にも、大人のかわいさも感じられる仕上がりに、大変ご満足いただけました♪

 

アメシストリング リフォーム
リフォーム アメシストリング

本日お納めのリフォームはアメシスト。

ご結婚当初に、アメシストがお好きな奥様のために、ご主人が選んでこられたというリング。
もとは、ボリュームのある石を、きゃしゃなプラチナの枠に4本のツメで留めたシンプルなものでした。

年月が過ぎ、指のサイズも変わってしまったこともあって、その後、数十年タンスの中にしまわれていたそうです。

リフォーム後は、柔らかな曲線を持つリング枠に、オーバルの石を横置きにし、フクリン留めに。
つや消しに仕上げたイエローゴールドがお肌にしっくりなじみます。
今までにも、さまざまな石で制作しましたが、いつもとても好評のデザインです。

ご夫婦おそろいで受け取りにいらしてくださったのですが、ご主人からの贈り物のアメシストを再び身に着けることができると、とてもうれしそうな奥様と、それをにこにこと見守るご主人♪

もうすぐご結婚50周年とのこと。
おふたりの姿を見ていると、こころがあたたかくなり、あんな風になりたいと思ったのでした。


サファイアリング リフォーム
サファイアリング リフォーム

先日お納めのリフォーム。

おばあさまの形見の品というサファイアのリングをお持ちになった若い女性。
大好きなおばあさまの残されたものなので、身に着けたいけれど、デザインがあまりに古めかしくて・・・とのご相談でした。

センターのサファイアは横置きにし、小さなダイヤモンドの小花を両サイドにひとつずつ。
イエローゴールドとブルーの組み合わせも若々しい、お客様のイメージにあった可憐なリングに変身しました。

おばあさまは足がお悪く、あまりご一緒に出かけたりすることもできなかったそうです。
「このリングを着けていると、おばあちゃんと一緒にいるみたい。これからいろんなところへ着けて出かけます。」とお客様。

なんだかうれしくなってしまった瞬間でした♪

ダイヤモンドとグリーンガーネット
ダイヤモンド・グリーンガーネットリング

デザインが古く、このままでは絶対につけることがないので・・・と、お持ちになられたダイヤモンドリングのリフォーム。
おばあさまの形見分けでいただいたとのものこと。

フォーマルなデザインのダイヤモンドリングは、すでにご自身でお持ちなので、今回のリングはオーソドックスすぎることなく、でも上品でおしゃれなものを、というリクエストにお応えしました。

アームにすっと一筋に並ぶのはグリーンガーネット。

きりりとしたグリーンとダイヤモンドのクリアな輝きのコントラストで、若々しい印象に仕上がりました。

お手持ちの他のジュエリーとの相性もばっちり♪
コーディネートの幅も広がりそうです。

クラウンのリング
クラウンのリング

もとは、ほぼ同じ大きさのダイヤモンドが、お花のように配置されたオーソドックスなデザインのリングだったのですが、ちょっと個性的なデザインに・・・というご希望のリフォーム。

「クラウン」のようにも見える、8個の波が上下に連なるデザインの中に、5ピースのダイヤモンドを留めました。

程よいボリュームのイエローゴールドの光沢が、気分も明るくしてくれます。

「個性的だけど、奇をてらいすぎず、着けやすい。他にはない存在感がすてき!」とお客様。
とても喜んでいただけてうれしいです♪

まえにならえ~
まえにならえ~

あまり着けることがなくなったとおっしゃるパールのネックレスを、お念珠に仕立て直してほしいとお客様。

ご希望どおりにお念珠を一本おつくりして、残った25ピースは、イエローゴールドのチェーンと組み合わせて、ロングのステーションネックレスを制作することになりました。

一連で長く着けたり、二重に巻いて二連にしたり、前で留めてY字に装ったり・・・と、いろいろと楽しめるネックレスに仕上げます。

チェーンを付けるためのパーツを取り付けられたパールたち。
出番を待っている様子が、まっすぐ並びきれないこどもたちの列みたいでかわいい♪

片方だけのイヤリングから
片方だけのイヤリングから 

紛失して片方だけになったイヤリングをお客様からお預かりしたので、小さなブローチにリフォーム。

イヤリング金具をカットして、ピンの針をたてました。裏からキャッチで留めるタイプです。

ハートの形のイヤリングの下に、小さな真珠をプラス。
ぷるぷると揺れる様子がなんともかわいい。

セーターの首元に着けてみましたが、ジャケットやコートの襟に着けても素敵だと思います。

片方だけになって、しばらく眠っていたイヤリングが、生まれ変わってまた活躍しそうです。

受け継がれるネックレス
ロングネックレス

お客様宅にうかがって、パールのネックレスをお預かりしてきました。

20年以上前に、今は亡きカワベの父からお買い上げいただいたというネックレスは全長約120cm。
三本のネックレスに組み直して、娘さんお二人と、もうすぐ結婚なさるお孫さんにプレゼントしたいとのこと。

80歳すぎの白髪の素敵なおばあさま。

以前のカワベのロゴが入った年季のいったケースには年月を感じますが、大切にお使いいただいていたと思われるネックレスは、とてもきれいな状態でした。

きっと娘さんとお孫さんは、身に着けるたびにおばあさまのことを思うでしょう。
素敵なプレゼントのお手伝いができることをうれしく思います。