京都・烏丸の工房を持つオリジナル&セレクトジュエリーショップKAWABE JEWELRY(カワベジュエリー)のブログです
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
アコヤ真珠のバーペンダントネックレス
アコヤ真珠のバーペンダントネックレス

お母様からお嬢様にプレゼントされるということでオーダーいただいたアコヤ真珠のペンダントネックレス。

繊細なチェーンとバー状に並んだ小粒のアコヤ真珠のシンプルなデザインです。
アコヤ真珠は4.5-5.0mm。しっかりと巻いた真珠層から放たれる光沢が、若々しさに力強さをプラスしています。

お嬢様のフレッシュな魅力を引き立たせるペンダントができました♪

 
裏から見ると・・・
ケシ真珠ブローチ


お客様のオーダーでおつくりしたケシ真珠のブローチ。

ひとつひとつの躍動感のあるフォルムと、いきいきとしたつややかさが、魅力的なケシ真珠たち。
それぞれにのびのびと個性的な形の5ピースです。

検討を繰り返して、まさにこれ!という配置、角度を決定したら、その理想的な配置をしっかりと支える台座を作ります。

裏側から見たのが下の写真。
イエローゴールドの座が、ぴったりと寄り添ってそれぞれの珠を支えています。

ケシ真珠ブローチ裏

実は珠をセッティングする前の姿も、ゴールドのお花のようで、なかなかかわいかったのでした!
出来上がって着用すると、まったく見えないのですが、見えないところの丁寧な仕事が、全体の印象を大きく左右します。



 
ケシ真珠のお花リング
ケシ真珠お花リング

お客様のオーダーでおつくりしたお花のリング。
花びらは白蝶ケシ真珠、花芯は黒蝶ケシ真珠。

ケシ真珠は大好きなので、たくさん手元に持ってはいるのですが、五つの珠を探し出す作業がなかなか大変でした。

色、てり、大きさ、形・・・やっと見つけた、すべてがバランスよく整って魅力的なお花に見える組み合わせ。

お花らしく見えるよう、角度をつけて立体的に座をつくり、ウデ部分には枝のようなテクスチャー。

甘くなりすぎない大人っぽいお花リングになりました。

クリスマスに間に合ってよかったです。
お客様のお手元に、文字通り「花を添える」ことでしょう。


 
ガーネットのオーダーリング
オーダー ガーネットリング
5.37ctのガーネットのリング。
オレンジ…?ピンク…?ニュアンスのある微妙な色合い。
たくさんの光を取り込んで、きらきらと反射します。

2月に香港のジュエリーショーで仕入れてきた石です。
この日のブログの写真の一番左に写っているもの。

石を気に入ってくださったお客様のオーダーでリングに仕立てました。

腕から滑らかに伸びる4本の爪の間に、弧を描くように留めたメレダイヤ。
センターのガーネットの下に入り込むところまで、隙間なく敷き詰めました。

選び抜いたメレダイヤのきらめきが、ガーネットの中に映り込み、上品な華やかと、生き生きとした表情を持つリングに仕上がりました。



 
雪の結晶のペンダント


お客様からお預かりしたのは1.31ctのタンザナイト。
その美しい紫色は、しばしばキリマンジャロの夕暮れ時の色にたとえられます。
南アフリカにお出かけになったときに、記念にお求めになられたものとのこと。

以前にブログでもご紹介したローズクオーツのオリジナルペンダントが、とても印象に残っているとおっしゃるお客様。
それは、丸いローズクオーツの周りの8本の爪から枝が分かれ、それぞれの先端にダイヤモンドを留めたもので、横から見ると、輝く葉の茂みに覆われた木立のようにも思えるデザインでした。

もちろん、大きさもカットの種類も違い、石の個性が異なることはわかっていらっしゃる上で、ぜひあのイメージでペンダントに、というご希望。

石の大きさのバランスに合わせ、今回は底面から延びる小さな6本の枝の先にメレダイヤが3ピースずつ。

仕上がりの印象は、軽やかで繊細、手に取れば解けてしまいそうな、雪の結晶。
南アフリカの旅の思い出が、胸元に輝きます。


*夏季休業のお知らせ*

誠に勝手ながら、明日8月12日(火)から16日(土)は休業とさせていただきます。


 
還暦記念のルビーリング
還暦記念のルビーリング

先日お納めしたルビーのリング。

昨年のうちに、「来年還暦を迎える記念に、赤い石のリングをほしいと思っているので、いい石を探しておいてね。」と、ご依頼を受けて、石探しから始めたオーダーリングです。

色や大きさや値段など、なかなかピタッ!と来る石に出会えなかったのですが、今年3月の香港のジュエリーショーで見つけて「これだ!」と連れて帰ってきたのが、この1.31ctのルビーです。

透明感のある輝きのすがすがしさと、若々しく軽やかな印象もお気に召していただき、デザインを打合せしてリング制作スタート。
両サイドには、クリアーなオーバルカットのダイヤモンドを2ピースずつ配しました。

今まで積み重ねてこられた時間と、これからも続く晴れやかな人生を記念するのにふさわしい還暦リングとなったと思います。

S様おめでとうございます。

 
家族の石が連なるブレス

カラーストーンブレスレット


イエローゴールドのチェーンに、小さなカラーストーンがあしらわれたブレスレット。
7色の石のうち、4ピースはご家族の誕生石、残る3ピースはそれにあわせて色のバランスや意味合いなども考えて、お客様がセレクトなさいました。

小さな石座の裏側を開けて、丁寧にフクリン留めにしているので、着けていて裏返るようなことがあっても気になりません。
想像しておられた以上に繊細でかわいい仕上がりに、大変ご満足いただけました。

当店のオープン当初、近くにお勤めのOLさんだったときからのお客様ですが、ご結婚されて今は二人のお子さんのおかあさん。
人生の節目節目に当店で想いのこもったジュエリーをオーダーしてくださいます。

七色のものには厄除けのパワーもあると言います。
このカラーストーンが連なったブレスレットのように、お客様とそのご家族が、まあるく輪になっていつまでもお幸せでいらっしゃることを願ってます。



耳元に春の色♪
スミレ色ピアス
3月とは思えないような寒い日が何日か続きましたが、今日は、ようやく春が来たんだな・・・と思える陽ざしです。
烏丸通を歩く人の装いもなんだか軽やかです。

さて、ご注文でおつくりしたピアス。
ぷっくりとしたフォルムと、うるうるとした透明感が魅力のアメシストは両方で約12ct。
シンプルだからこそ、ていねいにつくった枠はマット仕上げのイエローゴールドです。

うっとりするようなみずみずしいスミレ色。
耳もとに、待ちわびた春の訪れを喜ぶ気持ちをあらわすようです。
無処理トルコ石のリング
ナチュラルトルコ石リング 

トルコ石はとても人気のある石ですが、強度を高めたり、シミなどができにくいように、樹脂を浸透させ、日常の使用に耐えられるように加工を施してあるものがほとんどです。

このトルコ石は、そのような処理のされていない大変希少なもの。
掘り出して研磨しただけのナチュラルです。

無処理ゆえのピュアなやさしいブルーに一目惚れされたお客様のオーダーで、リングに仕立てました。

自然な「色」を楽しむためにデザインはシンプルに、とのご希望。
マットに仕上げたイエローゴールドのリング部分も、石の雰囲気にぴったりです。


無処理のトルコ石のリングはオンラインショップにもございます。
ぜひご覧下さい。

おしゃれな人ほどよくばりです
ケシ真珠ネックレス&シルバーアジャスター


白蝶ケシ真珠のネックレスをお買い上げのお客様。

ネックレスは標準の長さの42cmほどのもの。
もちろん、そのままの長さで首周りに添うように着けるのもいいのだけど、ファッションによっては75cmほどの長さにしてロングネックレスとして着けたいときもあるかも、とのこと。

その日の気分で長くも短くも装えるような工夫を考えてくれないかしら、ただし予算はあまりかけずに・・・とのご要望。

そこで、シルバーのデザインチェーンの両端に、ネックレスと同じクラスプ(留め具)をつけたものをつくりました。
長く装いたいときは、ネックレスの留め具に、それぞれ差し込めばOK。

パールだけのロングネックレスより、軽やかな印象で使いやすそう!とお喜びいただきました♪



ケシ真珠ネックレス&シルバーアジャスター