京都・烏丸の工房を持つオリジナル&セレクトジュエリーショップKAWABE JEWELRY(カワベジュエリー)のブログです
<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
宵山の橋弁慶山
宵山の橋弁慶山

祇園祭宵山。
日も落ちて、ちょうちんに灯がともりました。

蛸薬師通、人がほとんど動いていません・・・。 
宵々山
牛若丸と弁慶

定休日で出て来なかった一日の間に、ショップの前に「橋弁慶山」が建ちあがり、祭りムードが一気に盛り上がっています。

お向かいの町家の二階に、飾られた牛若丸と弁慶の人形。

今日は宵々山、明日が宵山、日曜日が巡行と今年はスケジュールが週末にかかっているので、お出かけになられる方も多いのではないでしょうか。
どうか暑さ対策は万全に。

じりじりとした暑さ、見物人や屋台の準備をするおじさんたちの熱気、粽を売る女性の声。
京都の夏本番です。
鉾建て完了
ミニ鉾 

毎年祇園祭のシーズンになると、店内に登場するミニ鉾。

本物の鉾を、釘を使わず、縄だけで職人さんたちが組み立てていく様子は圧巻ですが、うちの鉾は、しまっているケースから出すだけです・・・。
店内にいくつかのミニ鉾を置いたら、祭り気分も盛り上がってきました!

現在営業中の仮店舗は、「橋弁慶山」の真ん前です。
五条の橋の上で渡り合う牛若丸と弁慶の人形飾りが迫力もの。

今年の秋には工事も終わり、もとの場所でリニューアルオープンするので、この場所で過ごす祇園祭は今年限りです。

ぜひ、お祭り見物にお出かけの際は、「橋弁慶山」とKAWABE JEWELRYにお立ち寄り下さいね。

守り神
 守り神

もうずいぶんと前のことですが、何百ピースと仕入れた黒蝶真珠の中に、このひとつがありました。

突起のある真珠は特にめずらしくもなく、評価も低いものが多いのですが、そのときこの突起の部分が、観音像かマリア像のように見えたのです。

「観音像かマリア像」という表現が、なんだかあまりにも節操がない感じで、少々お恥ずかしいのですが・・・。

気のせいといってしまえばそれまでですが、なんだかこの珠がKAWABE JEWELRYにやってきたことに、強く縁のようなものを感じてしまい、この1ピースは加工することなく、ずっとショップの片隅で私たちを見守ってくれています。

真珠のたのしみ

真珠ネックレス

ある真珠好きのお客様がおっしゃいました。

「真珠は、着けて出かけることはもちろんだけど、そのあと拭いて、しまうまで、すべてが楽しみなの。」

楽しいお出かけのあと、帰宅してから、その日過ごした素敵な時間のこと、出会った人たちのことを思い出しながら、真珠のネックレスの一粒一粒を丁寧に磨き、ケースにしまう。
そこまでが、「真珠のジュエリーのたのしみ」であるのだと。

す、すばらしい・・・。
こんな方にお求めいただける、うちの真珠たちは本当に幸せです。


KAWABE JEWELRY(カワベジュエリー)では、お使いになったあと、汗や汚れを拭き取るのにオススメの
真珠専用お手入れクロスを、実店舗・ネットショップで販売しています。

スタッフも、ショップでも自宅でも愛用し、効果を実感しているすぐれもの。
大切な真珠をいつまでも美しくお使いいただけます。

ぷるんぷるんっ!のアメシスト

アメシストルース

つっついたら、果汁がほとばしりそうなみずみずしさのアメシストのルースが入りました。

インクルージョン(内包物)がほとんどなく、高い透明度のうるうるとした紫色です。

約16mm×12mm。
ぷっくりと厚みのあるカボションカット、約10ct。

色が濃いだけのアメシストは、なんだか落ち着きすぎて、老けた感じになってしまうこともありますが、このルースはとてもフレッシュな印象。

アメシストは2月の誕生石です。
マット仕上げのゴールドで、シンプルなリングなどいかがでしょうか。

1ピース28,000円です。


2011仕事初め
 
お正月

少々おくればせながら、あけましておめでとうございます。

今年は、8日間という例年にない長いお休みをいただきました。

年末は、日頃たまりにたまっていた、家の掃除や片付けをしたり、娘たちとおせち料理をつくったりして過ごしました。

年始は、久しぶりの人たちに会って、食べたり飲んだりしゃべったり。
「ザ・日本のお正月」な日々でした。

2011年は、KAWABE JEWELRYにとって、秋にリニューアルオープンをひかえた重要な年。

十分にエネルギーをチャージして、本日より始動です。
今年もどうぞよろしくお願いいたします!


KAWABE JEWELRY CHRISTMAS!2010

クリスマスツリー 

世間には、「クリスマス商戦」という名の戦いがあるようです。

先手必勝!とばかりの、あまりにも早いうちからのクリスマスディスプレイやクリスマスソングには違和感があって、あまり好きではありません・・・。

と、なんだかんだいいながらも、11月も終わりになって、ようやくKAWABE JEWELRYにもクリスマスツリーが登場しました。

烏丸通のショップのときは、スペースが狭く、ツリーが置けなかったのですが、現在営業中の仮店舗は、少々持て余すほどの広さ。
家から持ってきた180cmのツリーも置けてしまいます。

さて、本日より12月25日まで、この一年の感謝の気持ちを込めて「KAWABE JEWELRY CHRISTMAS!2010」を開催いたします。
たくさんの新作やプライスダウン商品をご用意。
実店舗にて、期間中3万円以上お買い上げの方には、今年もプレゼントを差し上げます♪

初めてのクリスマスを迎えるネットショップでは、同じ期間のご注文に限り、送料無料です。

たくさんの方との出会いのある、素敵なシーズンになりますように・・・。
スタッフ一同、心より楽しみにしております。 

窓辺のオジサン

 窓辺のおじさん

仮店舗には、北側に大きな開口があります。
それは、今まで営業していた烏丸通のビルの建て替えが決まって、工事の約1年2ヶ月の間、営業するための仮店舗の物件を探していたときに、オットがこのビルを気に入った理由のひとつでもあります。

と、いうのは、真珠の選別をするには、午前中の北側からの自然光が、最も適しているから。

そこで、近頃オットは、午前中はもっぱら、窓の近くに机を引っ張っていって、真珠のペア合わせや、連相(ネックレスの珠の並び方)の調整をしています。

ちょうどショップの入り口の真横・・・。

せっかくの表のフラッグの素敵な女性の笑顔の横で、オジサンがむずかしい顔をして座っていては、お客様が入って来づらいやん!と、スタッフはみんな思っているのです。

でも、真珠に向き合う彼はあまりにも真剣です。
誰もそんなことは口に出せないのでした・・・。

おいしいラブラドレッセンス

 鯖寿司

お客様から、お母様お手製の鯖寿司をいただきました。

お昼に、スタッフみんなでおいしくいただいていたところ、
オットがひとこと、
「おっ、これはラブラドライトや。」

一同一瞬「???」

あぶらののった鯖の表面の虹色の光沢が、まさにムーンストーンの仲間の宝石、ラブラドライトのようだったのでした・・・。

S様、お母様、おいしく美しいものをありがとうございました♪